「応募受付代行」を使って、応募対応・面接設定の時間を節約!採用単価の改善も

人材採用業務の中でも、応募者からの電話・メールへの対応と、面接日時の設定とても時間と労力のかかる仕事…。

採用状況の分析や計画の見直し・修正などに時間を使いたくても応募対応に追われてなかなか時間がとれない…なんてこともあるのではないでしょうか。会社に人事部が存在せず、人事の仕事を兼務している状態なのであればコア業務に支障が出てしまうことも考えられます。

弊社の「応募受付代行サービス」を活用すれば、迅速かつ丁寧な応募対応で応募の取りこぼしを減らし応募者からの企業イメージも向上させることができるだけでなく、採用担当者の時間と労力を軽減することができ、結果的には採用単価を改善することにも繋がります。

自社の採用業務をさらに良くしていくために、ぜひご一読ください!

 

スポンサードサーチ

(1)まずは自社の人材採用の状況や課題を確認

応募受付代行サービスを検討する前に、まず自社の人材採用の現状や課題を再確認しましょう。

どの業界でも人材不足は深刻な問題となっていますが、何の理由もなく、応募が来ない、人材が集まらないという事はありません。応募が来ないということは、給与や勤務時間、待遇福利厚生などの募集条件や、企業文化、企業理念や社長の人柄など、他社と比べた時に応募者側にとって魅力的に映っていないことが考えられます。

そこで必要になってくるのが付加価値です。例えば、「あの会社よりも給与は低いけど、自宅からの距離は近いし社内の雰囲気はいいんだよな~」のように、条件で負けていたとしても、その他で勝負できる価値を付けていけば、応募の理由になるということです。

付加価値といっても、決して大きな制度や見栄えいい仕組みでなくても大丈夫です。これからご紹介する「応募受付代行サービス」も、立派な付加価値のひとつになります。

(2)応募受付代行サービスとは

弊社の「応募受付代行サービス」では、様々な求人広告、採用ホームページやランディングページなどから寄せられる電話やメールへの対応、面接日時の調整といった一次対応の代行を行います。

その他にも、合否の連絡、内定書類の送付、応募者データの提供や、そのデータを基にした採用戦略の提案なども行うことが可能です。

何かシステムなどを導入する必要はなく、掲載中の求人広告等の応募受付先を弊社側の提供する電話番号やメールアドレスに設定していただくだけで、手間なく簡単に切り替えを行うことができます

(3) 応募受付代行サービスを導入する7つのメリット

応募受付代行サービスには、人材採用を加速させる様々なメリットがあります。その中から、代表的な7つのメリットを解説していきます。きっとあなたも導入を検討したくなるはずです!

(3-1)スピーディかつ丁寧な対応で「応募者の取りこぼし」を防止

応募受付代行サービスを導入することで、応募者の取りこぼしを予防することができます。

皆さまも「電話が繋がらない」「対応が遅い」と言った理由で商品の購入を見送った経験があるのではないでしょうか?求人についても同じことが言えます。応募者は、常に自社だけを希望して応募してくる訳ではなく、他社と同時進行で応募や選考が進んでいる可能性が高いです。

・応募対応がスピーディで丁寧だった

たったこれだけのことで付加価値が増え、他社との差別化のポイントになるのです。

弊社では、応募受付専用のコールセンターを用意することで、スピーディに電話やメールに対応できる状態を整備しています。また、独自のトークスクリプトを使用することで、他社とは違う丁寧で親切な対応で応募者の志望度をアップさせることができます。

(3-2)土日祝や夜間など「時間外対応」でさらに応募数をアップ

弊社の応募受付代行サービスなら、土日祝・夜間といった時間外対応も可能ですので、応募数や面接数をさらに増加させることができます。

一般企業は土日祝日、18時以降は連絡が繋がらないことが多いですが、会社勤めをしながら転職活動をしている方は、その時間にしか求人に応募するタイミングがありません。

昨今は転職者側の売り手市場ということもあり、1人でも多くの人材を確保するためには、様々な属性の応募者の状況を考慮し、それに柔軟に対応していく必要があります。

(3-3)リマインドなどの「きめ細かい連絡」で面接参加率アップ

採用率をアップさせるためには、その前段階である「面接への参加率」を高める必要があります。

応募受付代行サービスを利用すれば、応募後の必要情報の伝達などのフォローアップや面接日前のリマインド連絡などもきめ細かく行えるので、いわゆる「面接ばっくれ」を減らすことができ面接への参加率をアップさせることができます。

「面接ばっくれ」についての対策は、以下の記事も参考にしてみてください!

アルバイトの「ばっくれ」はなぜ起こる?予防と対策を分かりやすく解説

(3-4)時間・労力を削減し、コア業務に集中することができる

応募受付代行サービスを導入することで、会社側は電話受付やメール対応などの一次受付対応をする必要がなくなるので、ご自身のメイン業務や採用戦略の策定などのコア業務に集中することができるようになります

電話受付やメール対応などの一次受付対応は、突発的かつ、しっかりと目を通して丁寧に対応しなければならないため、とても時間のかかる業務です。企業の未来のために行うはずの採用活動が原因で、本業に支障がでてしまっては元も子もありません。

(3-5)合否連絡を迅速に行うことで「内定辞退を予防」

応募者は他社とも同時進行で転職活動を行っている可能性が高いです。

面接後の合否連絡に時間がかかってしまうと、その間に他社から採用通知がきてしまい、せっかく内定を出そうと思っていても辞退されてしまうことも考えられます。

応募対応をアウトソーシングすることで、業務に余裕ができるため、面接後の合否判断もスムーズに進み、その後の合否連絡もスピーディに行うことができます

(3-6)「PDCAサイクル」を回して採用活動を改善!タレントプールも構築

応募受付代行サービスを利用することで、今まで蓄積されていなかった「応募者データ」を保管することができます。

自社に応募してくる人材の属性や傾向がはっきりと分かるため、求人広告・採用ホームページなどの内容や面接方法など、採用活動全体の改善に直接つなげることができます。

また、連絡先や居住地などの個人情報を保有することになるので、必然的に「タレントプール」を構築することにもなります。将来的な採用候補者のデータベースとして有効に活用することができます。※個人情報の保管・利用には細心の注意が必要です。

(3-7)「採用単価を下げる」ことができる

応募受付代行サービスを導入することで、一人あたりの採用単価を下げることができます

アウトソーシング=コストが高いというイメージが強いと思いますが、弊社の応募受付代行は業界でもかなりの低単価(最後に価格を記載しています)に設定しています。ここまでお読みいただいた方であれば、時間・労力の削減なども考えると結果的にかなりのコスト削減になっているとご理解いただけるかと思います。

採用管理ソフト(ATS)をを導入する手間やコストも省けますし、応募対応に時間を使うによる生産性の低下もありません。

応募者の取りこぼしを減らし、きめ細かい連絡・対応で面接参加率の向上や内定辞退率の減少を実現、応募者データを活用することで採用活動全体の改善まで見込めるため、最終的には採用単価を大幅に下げることに繋がるのです。

(4)「応募受付代行サービス」なら、まずは弊社にご相談ください!

求人広告など、既存の採用方法では人材採用が難しくなってきている今だからこそ、他社とは違う採用方法をいち早く実践することが必要です。ご相談、御見積は無料で対応させていただきますので、お気軽にご連絡ください!

(5)おおよその費用感は・・・

応募受付代行サービスは、まとまった応募数からの契約や月額契約が多いですが、弊社では「1件」の応募受付から承っております

【1~500件(月間)】600円(税別)/1応募

 ※月間500件以上の対応は、さらにお得な個別での御見積となります
 ※合否連絡、内定書類の送付などのカスタマイズもご相談ください

今日の執筆:代表 山根

「私の地元、鳥取県といえば鳥取砂丘ですが、日本で一番大きな砂丘は青森県にある猿ヶ森砂丘らしいです。鳥取のアイデンティティ・・・。」

042-595-6813

受付時間 月曜日~土曜日 午前8:00~午後6:00

無料見積もりを依頼する