知らない人は損してるかも!?毎月の「振込手数料」を約60%も削減できる方法

この記事は弊社の新規取り扱いサービスの紹介記事です

株式会社 JP Links(ジェイピーリンクス)様との販売代理店契約締結についての記事はこちら

なかなか利益って上がらないですよね・・・。
毎月届く請求書をみて気分がブルーになる方も多いのではないでしょうか。

【 売上 - 費用 = 利益 】

なので、売上を上げるか、費用を抑えるかのどちらかで、
理論上、利益は上がるはずなのですが
売上を急に上げるのはかなり難しい・・・。

そこで、費用(コスト)を削減することを思いつくのですが

  • 賃料
  • 通信費
  • 印刷費
  • 光熱費
  • 交通費
  • 人件費
  • 外注費

など、抑えられるコストはすでに対策を打っていらっしゃると思います。

しかし、ここで意外と盲点だったりするのが「振込手数料」です。

ご自身の会社で、年間何円の振込手数料が支払われているか把握されていますか?

例えば、月間20件・100件の企業様だとこのくらいかかっている可能性があります。

月間20件の企業(振込手数料が400円の場合)
・・・400円×20件=8,000円(年間9万6,000円)

月間100件の企業(振込手数料が600円の場合)
・・・600円×100件=60,000円(年間72万円)

こうして見ると、やはりちょっと高いですよね。

この振込手数料が大幅に削減できるとしたら
さらに大きなコスト削減を実現できるはずです。

そして、それを可能にしたのが

フィンテックを活用した新しい送金プラットフォーム
Bankur(バンクル)なんです!

Bankur(バンクル)とは?

「Bankur」は、新しい送金専用のプラットフォームです。
お客さまの送金に関わる業務負担とコストを大幅削減し、より効率的な経営のお手伝いをします。
ただ安いだけではなく、お客さまの送金用資金の保金やセキュリティー面などの安全性も担保したサービスです。

1.1振込あたりの手数料は一律260円(税抜)※定時送金の場合

金融機関と提携し、独自のシステムにより送金業務を完全自動化することで、手数料の大幅な圧縮を実現しました。
※実際の送金手数料は、税込280円となります。

2.金額や件数、振込先に関係なく、一律の手数料で送金が可能です

日本国内の金融機関に対し、常に一律のサービス利用料(税抜260円)。
送金件数や金額の制限もありませんので、ほとんどの企業様において明確なコスト削減が実現できます。
※一部ご利用条件によりサービス利用料が変更になることがあり、この260円は最安値の記載です。

3.初期導入費用・月額使用料が0円

当社に所定のお申込み手続きをいただき、運営元から発行される
ID/パスワードでログインしていただければ、すぐにサービスが利用可能です。
初期導入の費用やシステムの使用料などの月額固定費用も一切かかりません。

4.社内のパソコンから操作可能です

送金先や金額の入力は、普段お使いのパソコン端末で簡単にできます(Windowsのみ対応)。
前月の送金データをもとに当月データを作成できますので、作業も簡略化できます。

5.送金用にお預かりした資金は、信託財産として安全に保護されます

送金に必要な資金は、運営元(株式会社JP Links)が指定する「決済用普通預金口座」にお振込いただきます。
この口座はペイオフとは異なり、金融機関が破綻した際にも全額が保証されます。

6.専用のコールセンターで「困った」時も安心

Bankurサポート担当者が、導入方法、使用方法やその他の問題などについて対応いたします。

コスト削減イメージ

無理せず簡単に大幅なコスト削減が可能となります。

●算出基準(定時送金の場合)
3万円以上の振込を月間100件とし、他行宛て70件、同一銀行本支店間20件、同一支店間10件
単価:すべて税抜価格にて算出。

Bankur260円、他行宛700円、同一銀行本支店間400円、同一銀行同一支店間200円(一般的な金融機関の送金手数料参照)


※株式会社 JP Linksより

導入事例

月間数件でも数万件でもご利用OK!個人事業主様から上場企業様まで幅広くご利用いただいています

M社様(神奈川県 不動産管理会社)2003年設立 年商48億円 /定時送金をご利用

  振込手数料/件 振込件数 月間振込手数料合計
導入前 500円 2,000件 1,000,000円
導入後 260円 2,000件 520,000円

年間5,760,000円の削減を達成!

■お客様コメント
銀行では下がることのない振込手数料をBankurの利用で約半分にすることができました。

 

K社様(東京都 飲食関連会社)1972年設立 年商24億円 /定時送金をご利用

  振込手数料/件 振込件数 月間振込手数料合計
導入前 500円 350件 175,000円
導入後 260円 350件 91,000円

年間1,008,000円の削減を達成!

■お客様コメント
今まではインターネットバンキングを利用して振込を行なっておりましたが、Bankurへの切り替えもスムーズに行えて、且つ振込手数料の削減にも繋がり導入して良かったです。

 

A社様(大阪府 自販機設置会社)2009年設立 年商2億1千万円 /定時送金をご利用

  振込手数料/件 振込件数 月間振込手数料合計
導入前 700円 100件 70,000円
導入後 260円 100件 26,000円

年間528,000円の削減を達成!

■お客様コメント
これまで使用していたインターネットバンキングは月額利用料を年間数万円払っており、その分の削減額も併せて考えるとかなりお得です。それだけでなく作業効率が上がり5時間かかっていた送金作業が2時間になりました。

 

S社様(東京都 通信関連会社)2014年設立 年商1千万円 /定時送金をご利用

  振込手数料/件 振込件数 月間振込手数料合計
導入前 600円 20件 12,000円
導入後 260円 20件 5,200円

年間81,600円の削減を達成!

■お客様コメント
月間の送金件数が少なくても、年間を通してみると意外とコストが削減できるのだなという印象です。アフターフォローもしっかりしていて安心して利用できます。導入時はやり方を変えるのが面倒だと思っていましたが、やってよかったです。

 

ご利用イメージ

お客様からの送金依頼は、安全性・安心感を担保した送金フローとなっています。

 

※株式会社 JP Linksより

 

安全性

Bankurの安全性

  • 監督官庁に対し、事業内容を説明した結果、『資金移動事業者』に抵触しないことを確認した事業モデルです。
  • 送金用専用資金は、信託保全として分別管理されていますので、資金流用をすることは一切できません。
  • 万一、破綻した場合、送金専用資金から返金手数料を除いた残額を返金します。

送金専用資金口座は、ペイオフ対象外の口座のため、万一の金融機関破綻にも安心です。

送金に必要な資金は、「決済用普通預金口座」にお振込いただきます。
この口座はペイオフの対象外で、金融機関が破綻した際にも全額保証されます。

お振込を頂いた資金は、信託財産として分別管理され、守られております。

送金専用資金口座の名義は運営元名義となっておりますが、お振込を頂いた資金は、
運営元資産とは別に信託業務を遂行する第三者により、信託財産として守られております。

  • 信託を受託できる企業・団体は、内閣総理大臣に届け出をしている信託銀行・信託会社・弁護士・司法書士に限定されており、この資格を有している団体に委託をしております。

万一のリスクの際には、賠償責任保険が適用されます。

運営会社が起因とする人的要因による誤案内や、システム障害、通信障害、誤作動などサービスご利用に関わる業務プロセス内に発生するオペレーショナルリスクに対し、賠償責任保険が適用されます。※損害発生の状況により、保険が適用されない場合があります。


※株式会社 JP Linksより

情報セキュリティ

セキュリティレベルは金融機関と同水準を維持しておりますので安心してご利用いただけます。


※株式会社 JP Linksより

情報セキュリティマネジメントシステム 【ISO27001:2013】 2013年3月にISO27001を認証取得し、国際標準規格に則り、情報の管理・運営を行っております。

正規代理店:株式会社アルフォース・ワン【代理店コード:ARF50063】

運営会社:株式会社 JP Links
※ BankurはJP Linksの登録商標です。

【キャンペーンコード:ARF50063】

もっと詳しく知りたい方は、ぜひアルフォース・ワンまでお問合せください!
導入・運用まで丁寧にサポートさせていただきます。

A-180411-001

今日の執筆:広報担当

アルフォース・ワン広報担当です!人材採用やお知らせなど、様々なニュースを発信していきます。

042-595-6813

受付時間 月曜日~土曜日 午前8:00~午後6:00

無料見積もりを依頼する