採用LP(ランディングページ)で!採用面接への参加率を向上

 適切な採用LP(ランディングページ)を制作すれば、応募者の採用面接への参加率を向上させることができます。自社が採用したいと考えている応募者を明確にすることもできるので、ぜひ制作しましょう!様々な企業が採用LPを活用しながら、求人広告と併せて効果的に運用しています。

<目次>
(1)そもそもLPとは?求人広告と違う流入経路を作り出す
(2)採用LPがもたらしてくれるメリット
(2-1)確実にコストを抑えることができる
(2-2)短期間で制作できる
(2-3)手元に残すことができる
(2-4)コーポレートサイトと異なる表現ができる
(2-5)求人広告よりも明確なメッセージを届けることができる
(2-6)ページ移動による訪問者の離脱が少ない
(2-7)理想的な順番で求人者に会社の魅力を伝えることができるのでCV率アップ
(2-8)リスティング広告で狙ったターゲットに直接アピール可能
(2-9)SNS広告と連携も可能
(2-10)PDCAサイクルを高速で回すことができる
(3)ユニークな採用LP例
(4)まずは弊社にご相談ください!維持費不要の提案も可能!
(5)おおよその費用感は・・・

スポンサードサーチ

(1)そもそもLPとは?求人広告と違う経路を作り出す

 採用LPとは「求人情報」「問い合わせ」「資料請求」といった、応募に直結させるための情報が1枚にまとめられた、人材採用に特化したWEBページです。皆様も縦長のレイアウトの商品ページや、応募ページを見たことがあるのではないでしょうか?普通のWEBページとは異なり、1枚で簡潔に自社の魅力・特徴を応募者に伝えることができるので、CV率(コンバージョン率 本記事の場合は応募者の採用面接への参加率)を高めることができます。人材採用の現場では、求人広告以外にも応募経路を確立させ、採用面接の参加者を増やすために採用LPが活用されています。

(2)採用LPがもたらしてくれるメリット

 採用LPがもたらしてくれるメリットについて解説していきます。

(2-1)確実にコストを抑えることができる

 採用LPは、求人専用WEBページを構築するよりも確実にコストを抑えることができます。費用は業者によって異なりますが、概ね1/4~1/5以下の価格で作ることができます。

(2-2)短期間で制作できる

 採用LPはWEPサイトを構築するよりも短期間で制作することが可能です。即座に採用活動を行うことができるので、スピード感を持って取り組むことができます。

(2-3)手元に残すことができる

 当然ですが採用LPは一度デザインしてもらえば手元に残り続けます。ドメインを変更しても、移管作業を行えば使い続けることも可能です。会社の資産として残し続けることができます。

(2-4)求人メディアやコーポレートサイトと違った表現ができる

 デザインの自由度が高いので、採用LPはコーポレートサイト(自社のWEBページ)とはまた別のテイストを打ち出すことができます。分かりやすい例を出すならば、街で配られているチラシと、企業のパンフレットは同じデザインではありませんよね?コーポーレートサイトは新規顧客や株主向けにデザインされていたとしても、採用LPは応募者に寄り添うデザインにすることが可能なので、うまく棲み分けさせることができます。

(2-5)求人広告よりも明確なメッセージを届けることができる

 採用LPのほうが求人広告よりも明確でオリジナルなメッセージを応募者に届けることができます。求人広告には、規定フォーマットがあるため、書ける内容に制限があります。しかし採用LPなら、詳細な会社情報、イメージカラーやデザイン、写真や動画などを交えながら表現豊かに作ることができます。

(2-6)ページ移動による訪問者の離脱が少ない

 採用LPなら、サイトへの訪問者が他のページに離脱してしまう割合を抑制することができます。通常のWEBページでは、別ページの内部リンクが多く、訪問者が移動してしまいやすいです。そのため、最低でも30%程度の訪問者が熟読する前に他ページへ移動します。しかし採用LPなら、1ページで全てが完結するように設計されているので、訪問者の離脱率を抑えることができます。

(2-7)理想的な順番で求職者に会社の魅力を伝えることができるのでCV率がアップする

 先述の通り、採用LPはサイト訪問者の離脱を抑制することができるので、CV率を高めることができます。訪問者には適切な順番で会社情報・採用情報を伝えることができるので、採用面接までスムーズに誘導することができます。

(2-8)リスティング広告で、狙ったターゲットに直接アピール可能

 採用LPを制作したら、サイトへの集客を行う必要があります。集客の方法としてまず推奨したいのがGoogleやYahoo!の検索結果に表示させるリスティング広告です。自社のターゲット層が検索するであろうキーワードを狙って広告出稿すれば、制作した採用LPに効率よく集客することができます。

※キーワードの選定には「ペルソナ」を作成すると効果的です。ペルソナに関してはこちらをご確認ください。

(2-9)SNS広告と連携も可能

 他にもTwitter、Facebookの広告を活用することで狙った層に採用LPを届けることも可能です。Twitterへの広告なら「言語」「性別」「地域」など。Facebookへの広告でしたら「学歴」「専攻」「世代」「地域」など、狙いたい層の属性を細かい部分まで指定することもできます。

(2-10)PDCAサイクルを高速で回すことができる

 採用LPは、改善のためのPDCAサイクルを高速で回すことができます。出稿しているリスティング広告、SNS広告からのCV率が想定以下の効果だったのであれば即座に変更することが可能です。

(3)ユニークな採用LP例

 続いては、ユニークな採用LPを発表している企業をご紹介します。採用LPを構築する際の参考にしてみてください!

・Leverages

 マーケティング職・制作部門の中途採用を行っている『Leverages』。印象的なキャッチコピーで閲覧者の興味をひきつけて、直感的に社風を理解できる画像が上手に配置されています。
白黒のモノクロームで統一されたデザインは、明るい色使いのコーポレートサイトと良い意味で差別化されています。

Leverages

・ここあ

 介護スタッフの募集を行っている『ここあ』。漫画で自社の業務内容を伝える手法はCV率を高めるために効果的でしょう。プロモーション動画も公開することで業務内容をわかりやすく伝えています。

ここあ

(4)まずは弊社にご相談ください!維持費不要の提案も可能!

 以上のように採用LPはCV率を向上させることができます。ただし採用LPは適切なデザインで制作できなければ、狙った効果を発揮させることができません。弊社では、採用HPはもちろん、LPを制作した実績も数多く持っておりますので、ぜひご相談ください!入念な打ち合わせの上で、効果的なLPを提案させていただきます! 維持費不要の提案も可能です!

(5)おおよその費用感は・・・

 ご希望のクオリティにもよりますが、主に「20~50万円(税別)」の間で制作させていただくことが多いです。金額面のご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡くださいませ。

今日の執筆:代表 山根

「私の地元、鳥取県といえば鳥取砂丘ですが、日本で一番大きな砂丘は青森県にある猿ヶ森砂丘らしいです。鳥取のアイデンティティ・・・。」

042-595-6813

受付時間 月曜日~土曜日 午前8:00~午後6:00

無料見積もりを依頼する