【2019年版最新】人気の「中途採用求人サイト」6つを徹底比較!

 中途採用に取り組む際、掲載する求人媒体の選択を間違えると大切な採用予算がムダになってしまいます。なぜなら求人サイトごとに得意とする業種や職種、年代、性別などが異なるので、自社のターゲットとマッチしない求人サイトに掲載しても採用は上手くいかないからです。極端に言えば、ITエンジニアに強い求人媒体で飲食店スタッフの募集をしたとしても、採用を成功させることは難しいでしょう。このように「大手だから」「名前を聞いたことがあるから」「安いから」など、媒体ごとの強みを理解しないままに求人サイトを選んでしまうと失敗する危険性が高まってしまいます。本記事では、中途採用市場で人気の6つの媒体の特徴や強みを徹底比較し、弊社がこれまでの運用経験から得た感想や肌感覚も交えながら解説をしていきたいと思います。

スポンサードサーチ

(1)業界大手!若手を狙うなら「マイナビ転職」

伸びしろのある20~30代の若手社会人の採用に最適

 「マイナビ転職」は、新卒採用サイト「マイナビ」も同時に運営しているため、そちらからのユーザーも効率的に取り込むことができています。20代前半の第二新卒や、20代後半から30代前半の若手社会人層の採用に最も効果を発揮します。業界最大手サイトのひとつで、登録者数は520万人を超えており、転職者からの知名度も抜群です。「経験は浅くても大丈夫だから伸びしろのある人物を採用したい」というケースには非常に適していると言えます。常時7,000社ほどの求人が掲載されており、3ヶ月以内に転職したいという登録者が75%すぐに転職意欲の高いアクティブユーザーが多いことも特徴のひとつです。

地方でも効果が出やすい

 弊社がこれまでにマイナビ転職を取り扱ってきた印象として、地方でも効果が出やすいという実感があります。東名阪はもちろんですが、それ以外の地域でも安定した応募を獲得することができています。それぞれの地域に根付いた求人情報を提供する「エリア版」「都道府県版」があり、地元で働きたい、UIターン転職をしたいなど、働くエリアにこだわる転職者に情報提供を行っており、全国25ヵ所以上のエリアで年間50回以上の転職フェアを開催しているため、地方エリアにおけるマイナビ転職の認知度は高く、地方採用やUIターン採用に強い求人サイトです。

様々な職種・業種にも対応可能

 事務や営業系職種だけでなく、ITエンジニア、クリエイティブ関連職、飲食・販売など幅広い職種の採用に対応しています。業種は115分類、職種は379分類と他サイトと比較して最も多く、ユーザービリティの高い構成となっています。会社規模別にみても、中小・ベンチャー企業から大手企業までさまざまな企業が利用しています。あらゆる業種・職種・規模・エリアの求人情報が掲載されているからこそ、様々な志向の転職者に支持されています。

(2)即戦力なら「doda(デューダ)」

経験者・即戦力人材の採用に最適

 「doda」は、経験者採用や即戦力人材の採用に強みを持っており、専門性や資格を持った人材の採用も期待できます。年齢層は20代~30代半ばの若手・中堅層が多いです。幅広い業種・職種にも対応しており、その中でも営業・金融・エンジニア・グローバルに強く、それぞれのターゲットに特化した専門サイトも併設されています。

人材紹介を利用するハイスペック層にも出会える

 同ブランドで人材紹介サービスも提供しているため、人材紹介でしか出会えないようなハイスペック人材へのアプローチ可能。データベースが非常に豊富で、自社にマッチした即戦力人材と出会える可能性を高めてくれます。

その場で面談・面接ができる国内最大級の転職フェア

 dodaでは、東京・大阪・名古屋・福岡など、主要都市を中心に転職フェアを定期的に開催しています。東京開催では3日間でのべ12,000人以上の転職希望者が参加するなど、転職フェアとしては日本最大級の規模を誇ります。来場者満足度は90%以上、一度出展していただいた企業様からのリピート率の高さからも、企業と求職者との良い出会いの場になっていることが分かります。1企業あたり、1日に求職者と面談できる平均人数は52人と多く、求職者と直接会えることはもちろん、内定までのスピードアップも魅力のひとつです。

(3)女性採用の定番!「女の転職type」

女性の採用に最適!

 「女の転職type」は、その名の通り女性の採用に特化した転職サイです登録者のほぼ100%が女性で、女性向けの転職サイトの決定版といえます。掲載社数・件数ともに女性専門の求人サイトでは圧倒的な数を誇ります。登録者の雇用形態は正社員・契約社員が9割を超えており、生涯働きたいと考えているバリキャリ層の登録が多いことも特徴です。

美容やアパレル、販売、営業、事務などの採用におすすめ

 サイト利用者データを見ると、「サービス・販売系」「事務・経理・人事系」「営業・企画・マーケティング系」職種の経験者が約8割を占めているため、販売・事務・営業職の経験者層の女性採用に効果を発揮しやすいです。また、美容・コスメ・アパレル関連職はサイト内で特集が豊富に組まれているため、特集に合わせて掲載することで他サイトよりも多くの質のいい人材を確保できる可能性が高いです。アパレル・コスメ、営業、エンジニア、介護・福祉・保育など、業界に特化した専門サイトも併設されているので、業界を決めて転職活動をしてるモチベーションの高い層の採用も期待できます。

女性に特化した転職フェアも開催

 1日に約1,400名の女性転職希望者が来場する大規模な転職イベントを開催しています。3ヵ月以内に転職したいという意欲の高い女性転職希望者が大半を占めており、1日平均60名以上の転職希望者と直接会って面談ができるため、効率的に選考・採用を進めることが可能です。また、電車広告を見て来場している方が約4割もいるため、求人サイトだけではアプローチしきれない人材に出会うことができます。

(4)エンジニア採用なら「type」

エンジニア関連の掲載数NO.1

 IT/モノづくり系といったエンジニア関連職に非常に強い「type」。エンジニア関連の求人掲載件数はNO.1のシェアを誇ります。他サイトに比べ、エンジニア系職種を探す際の検索方法や職種設定が細かく、かゆい所に手が届くサイト設計のため、企業側・エンジニア側両方から非常に人気の高い求人サイトです。type独自の集客方法で、ITエンジニア・モノづくりエンジニア双方の集客を実現しています。また、スカウトメールやDMなど、ターゲット人材へのアプローチ機能が豊富なので、これらを活用することで採用成功率を高めることができます。

エンジニア転職フェアを定期的に開催

 1日に約1,300人が来場する国内最大級のエンジニアに特化した転職フェアです。1日に平均30名のエンジニア転職希望者と面談することができます。人事・上司・同僚になる方と直接会って話せることにより、会社の雰囲気や一緒に働くメンバーをその場で感じることができるので、応募・入社の決め手になっている方が多数いらっしゃいます。

(5)20代専門の転職サイト!第二新卒なら「Re就活」

会員の9割以上が20代

 「Re就活」は日本で唯一の20代専門の転職サイト登録者の約9割が20代で、会員数は100万人を超えています。社会人経験が浅い「第二新卒」、社会人経験がありステップアップなどを考えている26~29歳の「ヤングキャリア」を中心に、ポテンシャル採用を得意としています。TVCMなどの大型プロモーションにより、転職検討中のフレッシュな20代を継続的に獲得。企業規模や会社の知名度にこだわらない登録者が多く、中小・ベンチャー企業から高い支持を得ています。

業界初の「Web面接機能」を搭載

 日程が合わない求職者や、地方の求職者との面接を可能にするWeb面接機能「スマ面」を、転職サイトで初めてRe就活が搭載しました。いつでもどこでも求職者と面接できるため、「ポテンシャルはあるものの、遠方のため面接ができない」といった機会損失をなくし、接触率を高めることができます。スマホでも面接可能なため、PCを持たない求職者との面接設定も可能。スピード感のある対応により採用数の向上が期待できます。

(6)老舗の大手サイト「リクナビNEXT」

業界大手の求職者データベース

 「リクナビNEXT」は株式会社リクルートキャリアが運営する日本最大級の登録者数を誇る転職サイトです。業界屈指のデータベース量を保有しているので、幅広い人材にオファーをかけることが可能です。直接、メールでコンタクトすることができるスカウト候補者も数多く登録しているので、望む人材を見つけられる可能性が高いでしょう。

(7)採用課題にあわせた求人媒体を提案可能!

★本記事で紹介した中途採用媒体をまとめた比較表は以下のバナーをクリック!

弊社では、採用課題をヒアリングさせていただいた上で、コストパフォーマンスの高い求人媒体をご提案させていただきます。

中途採用に利用する求人サイト選びを失敗しないために

 冒頭でもお話ししたように、掲載する求人媒体の選択を間違えると大切な採用予算がムダになってしまいます。弊社では、各求人媒体ごとの長所と短所を正確に把握しており、業種や職種、地域、性別、年齢などに応じて、最も適切な求人媒体をご提案することができます。中途採用を成功させるために、ぜひ弊社にご連絡をいただければ幸いです。応募・採用単価をダウンさせるご提案や、メディアミックスにより掲載金額自体を下げるご提案をすることも可能です。

求人広告を代理店に依頼するメリットをまとめた記事も併せてご覧ください!

今日の執筆:代表 山根

「私の地元、鳥取県といえば鳥取砂丘ですが、日本で一番大きな砂丘は青森県にある猿ヶ森砂丘らしいです。鳥取のアイデンティティ・・・。」

042-595-6813

受付時間 月曜日~土曜日 午前8:00~午後6:00

無料見積もりを依頼する