ブログ

BLOG

「無料」で掲載できる求人サイト30選!完全無料~成果報酬型まで幅広くご紹介します。

「人材を採用をしたいけど予算がない…」

そんな時には「無料求人広告」を活用してみるのも一つの方法です。すぐに使える採用予算がなくても求人を始められるだけでなく、今までとは違った新しい応募の流入口を作ることができます。今回は、主要な無料求人広告メディアと、そのメリットやデメリットもあわせてご紹介させていただきます!

目次

  1. 無料求人広告を使う「メリット」は?
    1. お金をかけず人材を採用できる!
    2. 新しい応募者の流入経路を手軽に作れる!
  2. 無料求人広告を使う「デメリット」は?
    1. 原稿は自社で制作、一部機能制限も
    2. 応募の即効性には欠ける
    3. 掲載してから放置してしまいがち…
  3. 弊社おすすめの無料求人サイト!
    1. テレビCMでも話題の求人検索エンジンIndeed(インディード)
      1. 無料で掲載できるのは「無料広告枠」に「1職種」のみ
      2. indeedの掲載方法はカンタン!誰でもすぐに掲載可能
    2. 30日間の無料トライアルを活用!Wantedly(ウォンテッドリー) 
      1. 30日無料トライアル期間あり!
      2. 「無料企業登録フォーム」からすぐに掲載開始できる!
  4. その他の完全無料の求人サイトをご紹介!
    1. bosyu(ボシュー)
    2. ハローワークインターネットサービス
    3. げんきワーク
    4. ジモティー
    5. スタンバイ・カンパニー
    6. 求人Free
    7. 求人ボックス
    8. engage(エンゲージ)
  5. 【特別付録】掲載は無料だけど成功報酬が発生する求人サイト
    1. paiza(パイザ)
    2. マッハバイト
    3. マイベストジョブ
  6. 本記事では紹介しきれなかった無料求人サイト達!
  7. 「無料求人サイトの運用・管理」は弊社にお任せください!

 

無料求人広告を使う「メリット」は?

お金をかけずに人材を採用できる!

1番のメリットは何と言っても採用予算を抑えられること。完全無料の求人広告を利用すれば、ゼロ円で貴重な人材を採用することも可能です。

また、求人媒体への出稿費用を抑えることができるので、採用予算全体の削減や、削減できた広告費用を、福利厚生や制度の充実、適性検査の導入など、さらに人材採用を改善するための土台を整えるために使うことができるようになり、良い循環を作り出すことに繋がります。

新しい応募者の流入経路を手軽に作れる!

・人材採用に緊急性はないが良い人材がいれば採用したい
・少しでも多くの応募者の中から採用を決めていきたい
・まずは予算をかけずに人材採用をしたいけどハローワーク以外の方法も試したい

など、「追加で採用予算をかけたくないけど人材採用はしたい」といった要望を簡単に叶えることができます。

採用スケジュールを組んだ上で、有料求人広告に掲載する前に、2~4週間ほど無料求人広告に掲載することで、本来かかっていたはずの採用予算をゼロにすることもできるかもしれません。

また、複数の無料求人広告に出稿しておくことで応募者の流入口が増えるので、母集団形成の手助けにもなるでしょう。

無料求人広告を使う「デメリット」は?

原稿は自社で制作、一部機能制限も

有料求人広告とは違い、営業や制作担当が付かないので自社で求人原稿の制作をする必要があります。

求人広告の制作は意外と難しく、ただ採用条件を羅列するだけでなく、自社の魅力を言語化して、それを採用ターゲットに届くようにライティングすること、また表記ルールや法律上、不適切なことを書いてないかしっかりと確認もしなくてはなりません。

求人原稿の効果的な書き方を紹介した記事もございますのでご興味のある方はぜひご覧になってみてください!

【参考記事】求人広告の効果的な書き方をご紹介します
※自身で求人原稿を書く際に注意するべきこと、コツなどをご紹介しています。

また、有料版が存在する無料求人広告の場合、画像を表示できなかったり、文字を強調できなかったりといった一部機能制限があることもあります。

有料版に比べて、求人原稿を魅力的に装飾できず見劣りしてしまう可能性もあるのでご注意ください。

応募の即効性には欠ける

有料求人広告の場合、2〜3日で応募者がくるのが一般的かもしれませんが、無料求人広告は数週間〜数ヶ月、応募が来ないこともあります。

欠員補充など、緊急性の高い人材採用にはあまり向いていない方法といえます。

掲載してから放置してしまいがち…

無料求人広告は掲載費用がかからない反面、手軽に掲載できるため、色々なサイトに出稿しすぎて把握・管理ができなくなってしまうケースがよくあります。

結果的に、採用職種や条件が変わっているにも関わらず、古い情報がネット上のいたるところで出てしまっている場合も。

複数の無料求人広告に掲載する場合は、採用担当者が出稿サイトをしっかりと把握・管理する必要があります。

弊社おすすめの無料求人サイト!

無料求人広告のメリットとデメリットが分かったところで、弊社がおすすめしている無料求人広告をご紹介します!どれも大小様々な企業で活用されており、無料ながらに応募の実感のあるサイトです。すでに話題のサービスもあるので、ご存知のサイトもあるかもしれませんね!

テレビCMでも話題の求人検索エンジンIndeed(インディード)


indeedの本サイトはこちら

Indeedは、求職者と求人掲載社数の2つが最も多い検索ツールとして注目を集めています。

一般的な求人サイトとは違い、様々な求人サイトや会社の採用情報などを、indeedという求人検索エンジンを通して検索できる、というサービスです。有名芸能人を起用したテレビCMも流れているので、すでご利用されている会社も多いのではないでしょうか?

googleやyahoo!といった主要検索エンジンで上位表示される「SEO」に非常に強く、「職種×求人」「地域×求人」などの検索ワードでは、常に最上位に近い位置に表示されるため、多くの求職者に利用されています。雇用形態や職種にも制限がないので、どんな業界やステージの会社でも効果的に使用することができます。

無料求人広告を試すなら「まずはindeed!」と言っていいほど、効果を実感できる可能性は高いと思います。

無料で掲載できるのは「無料広告枠」に「1職種」のみ

Indeedに無料掲載できるのは「自然検索欄」に表示される「無料広告枠」です。また、1アカウントにつき「1職種のみ」なので、営業と事務の2職種を募集したい場合は、最低5,000円以上のチャージ料金を設定する必要があります。

チャージ料金を設定することで、職種制限が解除され、上位表示されている「有料広告枠」に求人を表示することができます。また、indeedはリクルート社の子会社である「Indeed Japan 株式会社」が運営しているため、同じくリクルート社が運営している「タウンワーク」や「フロムエーナビ」といった大手求人サイトのオプション商品としても組み込まれており、有料広告枠をクリックすると、それらの求人サイトに転送されることもあります。有料広告枠は、無料広告枠と比べ、最大5倍のクリック数を集めることができると言われています。

indeedの検索順位の基本ロジック(順位の決まり方)

ユーザーの検索キーワード × 求人原稿内のキーワード × ユーザーの行動履歴 × クリック単価

一般的な求人サイトであれば、「掲載順位・掲載期間・職種数」で掲載料金が決まっていますが、indeedは「入札型のクリック課金」となっています(最初にチャージする金額から、クリック単価に応じて1クリック〇〇円を消化していくイメージ)。掲載中にアクセスデータを見ながら、求人原稿の修正はもちろん、クリック単価なども調整が利きますし、クリック数に応じてしか課金されないので、金銭的なリスクは非常に低いと言えます。

また、採用まで至っても別途料金が発生することはありませんのでご安心ください。

indeedの掲載方法はカンタン!誰でもすぐに掲載可能

Indeedの掲載方法はとてもシンプルです。

(1)まずは「indeed 掲載」と検索

(2)「今すぐ掲載」⇒「アカウント作成」を選択。説明に従ってアカウントを作成してください。

(3)その後、「求人広告を掲載」のページから求人原稿を作成し、すぐに求人広告を掲載することができます。

 

30日間の無料トライアルを活用!Wantedly(ウォンテッドリー)


Wantedlyの本サイトはこちら

Wantedly(ウォンテッドリー)は、「はたらく」を面白くするビジネスSNSというキャッチで展開する、20~30代の若い層に人気の転職サービス。

ITやWeb系(エンジニア、デザイナー、セールスなど)の職種を中心に、総合商社や大手外資系や官公庁などの人材もWantedlyを活用して転職活動を行っています。求職者側は、仕事上の人脈の管理やビジネス情報の収集を行いつつ、Wantedlyを通じて企業と気軽にコンタクトを取ることが可能です(Facebookと連携も可能)。なんと利用者数は、20~30代の若手ビジネスパーソンを中心に120万人を超えています。

スタートアップや大手有名企業しか応募がこないといったイメージを持つ方もいらっしゃいますが、他の求人サービスとは異なり、年収や待遇などの採用条件の記載を運利側があえて規制しているため、求職者は、会社の価値観や仕事内容、人間関係などソフトな面を見て応募してきてくれるので、地域の中小企業など、知名度のない会社でも十分にチャンスがあります。

30日間の無料トライアル期間あり!

Wantedlyは、30日間の無料お試し掲載をすることができる「トライアルプラン」が用意されているので、コストをかけること無く効果を確かめることができます。

もちろん、無料期間中に応募があり、人材を採用したとしても追加費用は発生しません。トライアルプランの期間中は、求人原稿を5本掲載することができ、求職者5名までとメッセージのやりとりができます。

無料のトライアル期間が終了した後も安心してください。掲載中の募集要項からの応募受付は停止されますが、応募者5名とのメッセージのやり取りは継続することができます。

応募の実感があり、使用感も気に入ったのであれば、改めて有料プランの切り替えを検討してみるといいでしょう。

 

「無料企業登録フォーム」からすぐに掲載開始できる!

Wantedlyのトライアルプランは、面倒なやり取りはまったく必要なく「無料企業登録フォーム」に必要情報を記入すればすぐに掲載開始することができます。ぜひお試しください!

その他の完全無料の求人サイトをご紹介!

bosyu(ボシュー)


bosyuの本サイトはこちら

bosyu(ボシュー)は、SNS(Twitter・Facebook)でビジネス関係を始め、色んな募集が手軽かつ無料でできるサービスです。タイトルと概要文を入力するだけで募集ページが作られ、そのページをSNSに投稿することができます。

とても簡単なので「こんなのでまともな人材が集まるの?」と思ってしまうかもしれませんが、SNSだからこその特徴を活かすことで、エンジニアやデザイナー、ライターなどハイレベルな人材の採用が実現しています。また、業務委託や正社員など、契約形態に捉われない幅広い求人募集が可能です。

しかし、募集は求人広告のサービスではないので、以下のような項目を明記してしまうと掲載停止・修正の対象になってしまいます。ご注意ください。

<掲載停止・修正依頼の対象となるもの>

給与 (例)時給○○円 / 月給○○万円 / 年俸○○○万円 など
勤務地 (例)渋谷 / 港区 / 東京駅近辺 など
勤務時間 (例)9:00〜18:00 / フレックス / 時短 など
福利厚生 (例)週休◯日制 / 有給休暇 / 慶弔休暇 / 社会保険完備 / 交通費支給 / 各種手当 など
雇用形態 (例)正社員 / 契約社員 / アルバイト / 業務委託 など
選考プロセス関係 (例)履歴書・職務経歴書の提出方法 など

 

【参考記事】求人広告の効果的な書き方をご紹介します
※「bosyu」の利用方法も含めた解説はこちら!

ハローワークインターネットサービス


ハローワークインターネットサービスの本サイトはこちら

厚生労働省が運営しているハローワークのインターネット版です。古くから馴染みのあるサービスかつ、国が運営しているため、多くの企業や求職者が安心安全に利用することができています。無料で人材募集をする時の第一の手段といっても過言ではありませんので、一度は登録しておいた方がいいでしょう。

しかし、他のサイトと違い、掲載までの手続きが面倒なのがネックになります。掲載開始までの詳細な説明は、ハローワークの公式サイトをご確認ください。

げんきワーク


げんきワークの本サイトはこちら

げんきワークは、官公庁から中小企業まで全国で1万社以上、掲載件数は120万件(2019年9月現在)を超える求人サイトです。

応募数の面を見ると大手求人サイトに劣るものの、掲載手順は最も簡単で、思い立った時にすぐに掲載を開始できます。広告収入を得ることで運営を行っているので、完全無料で利用することができます。

シニア層の求人情報にも力を入れているため、清掃や警備など、高齢者の働き手を求めている企業は特に有効活用できると思います。

ジモティー


ジモティーの本サイトはこちら

ジモティーは、地域の掲示板のように、とても気軽に「不用品の売買」や「カンタンなお手伝いの募集」などができる掲示版サイトです。

地域の様々な情報が集められているというサイトなので、ユーザーの多くはその地域に暮らしている人です。「会社の近くに住んでいる人を採用したい!」というニーズがある場合に効果を発揮するでしょう。

正社員版・アルバイト版のサイトが分かれているので、用途に応じて使いわけることもできます。また、個人事業主の掲載も可能なので、業務委託を募集する際にも利用することができます。

スタンバイ・カンパニー


スタンバイ・カンパニーの本サイトはこちら

スタンバイ・カンパニーは完全無料の「採用管理ツール」です。スタンバイ・カンパニーで作成した求人原稿は、求人検索エンジンの「スタンバイ」に掲載されます(イメージとしてはindeedとほとんど同じです)。

国内の1000個以上の求人サイトや企業の採用ページから求人情報を収集しており、合計で700万件以上の案件が掲載されている国内最大級の規模を誇ります。

現在では、「弁護士ドットコム」「All About」「Crowd Works」などの有名企業をはじめとした11,000社以上の企業が利用しており、なんと無料にも関わらず、iPhone、アンドロイド版のアプリも提供されています。

通常の業種はもちろん、「NPO法人」や「地域おこし協力隊」などの募集にも対応しています。

求人Free


求人Freeの本サイトはこちら

求人Freeは、他の無料求人サイトに比べ、システム面や掲載件数などは劣りますが、その代わりに競争率は低いとも言えます。

様々な業界の幅広い求人情報が掲載されていますが、個人事業主(業務委託)と外国企業の募集は掲載することができません。

利用料金に関しては完全無料なので、応募がきても、面接をしても、採用をしても一切料金はかかりません。

求人ボックス


求人ボックスの本サイトはこちら

求人ボックスは、indeedやスタンバイと同じく「求人検索エンジン」のひとつです。インターネット上の様々な求人サイトや採用ホームページの求人情報を一括検索することができます。2019年9月現在では、全国で約300万件以上の求人情報が掲載されており、月間で100万人以上のユーザーに利用されています。

近年では、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示される「SEO」にも非常に強く、「職種×求人」「地域×求人」などの検索ワードでも、かなり上位に表示されています。

業種や雇用形態の制限も少なく、簡単に掲載できる手軽さと、応募効果を兼ね備えた無料求人広告と言えるでしょう。

engage(エンゲージ)


engageの本サイトはこちら

engage(エンゲージ)は、エン転職などで有名なエン・ジャパン株式会社が採用ノウハウを詰め込んで開発した採用支援ツールです。完全無料で、採用サイトの作成や求人公開、「Indeed」や「Googleしごと検索」「Yahoo!しごと検索」への自動掲載、「エン転職」会員へのスカウト送信、応募者の管理まで行うことができます。

アカウント登録には1分程度、その後は流れに沿って進めるだけで、なんと最短10分で求人情報を掲載することが可能です。テンプレートを選んで、文字や写真を当てはめるだけなので、知識がない人でも簡単に自社の採用ホームページを作ることができます。

また、電話やメールでのサポートが付いているだけでなく、オンライン適性テスト(毎月3名まで無料)、入社者のフォロー(入社者3名まで無料)、ビデオインタビュー(毎月3名まで無料)のオプションまで無料で利用することができます。

【特別付録】掲載は無料だけど成功報酬が発生する求人サイト

特別付録として、採用、またははそれに準じたアクションが会った際のみに報酬が発生する成功報酬型の媒体もご紹介します。どれだけ掲載期間が長くても成果が発生しなければ費用は発生しなので、求人広告を出稿する障壁を大きくさげることができます。ただし、多くの人数を採用したい場合は掲載課金型の方がコストを抑えることができるので使い分ける必要があります。

paiza(パイザ)


paizaの本サイトはこちら

paiza(パイザ)はIT/Webエンジニアの人材に特化している求人サイトです。人材の質の高さを担保するためにコーディングテストを行うことで技術力を確認し、スキルランク付けを行っています。

エンジニアの転職者は、プログラミングの技術について専門的な知識を持っていない人材紹介会社やキャリアコンサルタントを間に通したくない人も多いため、paizaに登録しているエンジニアの約80%が人材紹介を利用しないと回答しています。つまり、paizaの登録者は他の人材紹介者や転職サイトでは出会うことができない人達だということです。また、paizaは新卒領域にも強みを持っており、学生エンジニアの登録は「1万人以上」抱えています。

初期費用、掲載料は一切かかりませんが、採用する時に「成功報酬」が発生します。金額は人材のランクによって変動しますが、中途採用の場合はオファー年収額の25%~、新卒採用の場合はオファー年収額にかかわらず40万円からとなっています。

マッハバイト


マッハバイトの本サイトはこちら

マッハバイトはアルバイト/パートの採用に特化している求人媒体です。以前は「ジョブセンス」という名前で運営されていました。アルバイト求人サイトでは業界最大級を誇っています。

マッハバイトは従来の課金型のプラン以外にも、成功報酬プランも用意されているのが特徴です。成功報酬が発生するタイミングは初出勤が完了してからなので、いわゆる「ばっくれ」による損失を受けにくくなっています。

≪マッハバイトの価格表≫

エリア 5拠点以上(税抜) 1〜4拠点(税抜)
北海道 ¥40,000〜 ¥60,000〜
青森県・秋田県・岩手県
山形県・宮城県・福島県
¥30,000〜 ¥50,000〜
東京都 ¥75,000〜 ¥95,000〜
神奈川県・千葉県・埼玉県 ¥65,000〜 ¥85,000〜
栃木県・群馬県・茨城県 ¥50,000〜 ¥70,000〜
愛知県・岐阜県・三重県・静岡県 ¥50,000〜 ¥70,000〜
山梨県・長野県・新潟県
富山県・石川県・福井県
¥30,000〜 ¥50,000〜
大阪府・京都府・兵庫県
滋賀県・奈良県・和歌山県
¥60,000〜 ¥80,000〜
鳥取県・島根県・岡山県・広島県
山口県・徳島県・香川県
愛媛県・高知県
¥30,000〜 ¥50,000〜
福岡県 ¥60,000〜 ¥80,000〜
佐賀県・長崎県
熊本県・大分県・宮崎県
鹿児島県・沖縄県
¥40,000〜 ¥60,000〜
     +
オファーメール ¥20,000〜 ¥10,000〜

 

マイベストジョブ


マイベストジョブの本サイトはこちら

マイベストジョブは、採用が決まったときに費用が発生する「採用課金型」の求人サイトなので、初期費用と月額費用を0円に抑えることができます。

成功報酬が発生するのは内定を出した時でなく、勤務もしくは研修のための初出勤を終えた時点になります。初日の途中で辞めてしまった場合は費用が発生しないので安心です。

≪マイベストジョブの価格表≫

プラン・1名採用 料金 入社お祝い金 標準順位
ライト

(アルバイト・パート)
50,000円 5,000円 標準表示
スタンダード

(アルバイト・パート/正社員・契約社員)
70,000円 10,000円 優先表示
プレミアム

アルバイト・パート/正社員・契約社員
120,000円 30,000円 最優先表示

 

本記事では紹介しきれなかった無料サイト達!

上記の他にも、本記事で紹介しきれなかった無料求人サイトをご紹介します!あまり即効性のないサイトが多いですが、少しでも皆様の採用活動のプラスになれば幸いです。

(1)無料求人サイト『人気しごとナビ』
(2)シゴトの森
(3)ジョブワクスキー
(4)ジョビンゴ
(5)無料求人.com
(6)求人採用ドットコム
(7)求人リスト
(8)しごとBLOG
(9)ジョブジュ
(10)無料求人ブログ
(11)むしょく.com
(12)ガテン系仕事ナビ
(13)建築下請業者協力会
(14)JobOffer
(15)jobfree
(16)freeq
(17)求人受付NAVI

「無料求人サイトの運用・管理」は弊社にお任せください!

いかがでしたでしょうか?本記事で紹介した無料求人サイトを活用すれば、今まで多くの予算をかけて採用していた貴重な人材を「無料」で採用することができるかもしれません!浮いた予算で、福利厚生や制度の充実、適性検査の導入など、さらに人材採用を改善するための土台を整えるために使うことができるようにもなります。

ただし、無料求人サイトを使って期待するような成果をあげるためには、適切な運用・管理が必要となります。弊社では、通常の有料求人広告での人材採用支援はもちろんのこと、今回ご紹介した無料求人サイトを使っての人材採用支援も行っております。

採用予算を有効に活用しながら、貴社の人材採用を成功に導く仕組み作りをサポートさせていただきますので、ご興味のある方は↓↓↓のバナーから、ぜひお問合せくださいませ。

Copyright© 株式会社アルフォースワン , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.