応募受付代行サービスを活用して優秀な人材を確保

 より優秀な人材を採用するために、応募受付代行サービスを活用しませんか?円滑な採用活動を行うのは専門の人事部でも大変…!会社に人事部が存在しないなら負担はなお増大…!応募受付代行サービスを活用すれば、応募の取りこぼしを減らせるだけでなく、応募者からの企業イメージも向上させることができ、結果的には採用予算を効率よく運用することができるでしょう。

<目次>
(1)企業運営は優秀な人材確保が命題
(2)応募受付代行サービスで優秀な人材を確保
(3) 応募受付代行サービスを導入する7つのメリット
(3-1)受付窓口の増加で取りこぼしを予防。動員母数の増加
(3-2)土日・夜間といった時間外対応で更に動員母数を増加
(3-3)きめ細かい連絡で、面接参加率の増加
(3-4)コア業務に集中することができる
(3-5)合否の判断・連絡を迅速に行い、採用辞退を予防
(3-6)効率よくPDCAを回せる。トークスプクリプトなども随時改善改良
(3-7)採用単価を抑えることができる
(4)弊社にご相談ください!
(5)おおよその費用感は・・・

スポンサードサーチ

(1)企業運営は優秀な人材確保が命題

 応募受付代行サービスについて解説する前に、まず現在の人材採用の状況を再確認しましょう。昨今では、世界規模で高齢化が進行し、労働人口が減少しています。優秀な人材を確保することは、企業の存続に直結するため、あらゆる業界で人材確保が課題となっています。特に飲食業界、介護業界、建設業界、運送業界などでは問題が顕著に表れています。

(2)応募受付代行サービスで優秀な人材を確保

 そこで、優秀な人材を確保するために効果的な方法の1つが、応募受付代行サービスです。応募受付代行サービスでは、求人広告・採用LPなどから寄せられる電話やメールへの対応、面接日程調整といった一次対応の代行などを行います。他にも、合否の連絡、内定書類の送付、応募者の傾向をまとめたデータの提供や、そのデータを基にした採用戦略の提案なども行われます。応募受付代行サービスを導入すれば優秀な人材を確保することに繋がりますし、採用活動にかかる予算を結果的に抑えることができます。

(3) 応募受付代行サービスを導入する7つのメリット

 なぜ応募受付代行サービスを活用すれば優秀な人材を確保でき、採用予算を抑えることができるのか?7つのメリットと共に解説していきます。

(3-1)受付窓口の増加で取りこぼしを予防。動員母数の増加

 応募受付代行サービスを導入することで、応募受付窓口が増加し、応募者の取りこぼしを予防することができます。皆様も「電話が繋がらない」「対応が遅い」と言った理由で応募を辞めてしまったり、商品の購入を見送った経験があるのではないでしょうか?応募受付代行サービスなら専門家が窓口を担当するので取りこぼしを予防し、動員母数を増加させることができます。

(3-2)土日・夜間といった時間外対応でさらに動員母数を増加

 応募受付代行サービスなら、土日・夜間といった時間外対応も可能ですので、動員母数をさらに増加することができます。昨今は転職者側の売り手市場ということもあり、優秀な人材を確保するためには応募者からの問い合わせに対して、迅速かつ丁寧に対応できる体制を構築する必要があります。

(3-3)きめ細かい連絡で、面接参加率の増加

 動員母数を増加させるのと同様に、面接への参加率を高める施策は優秀な人材を確保するために非常に重要です。応募受付代行サービスなら、応募後の必要情報の伝達などのフォローアップや、面接日前のリマインドなどもきめ細かく行えるので、いわゆる「バックレ」を予防して面接への参加率を上昇させることができます。

(3-4)コア業務に集中することができる

 応募受付代行サービスを導入することで、会社側は一次受付対応をする必要がなくなるので、ご自身のメイン業務、面接、採用戦略の決定などといったコア業務に集中することができるようになります。メールや電話などの応募の一次受付対応は、突発的かつ、しっかりと目を通して丁寧に対応しなければならないため、非常に時間を奪われやすいです。企業の未来のために行うはずの採用活動が原因で、本業に支障がでてしまっては元も子もありません。

(3-5)合否の判断・連絡を迅速に行い、採用辞退を予防

 応募者は他企業とも同時進行と就職活動を行っている可能性が非常に高いです。先述の通り、一次対応をアウトソーシングすることでコア業務に集中できるので、他社よりも早い段階で、合否の判断・連絡を迅速に行うことができ、応募者の採用辞退を予防することができます。

(3-6)効率よくPDCAを回せる。トークスプクリプトなども随時改善・改良

 応募受付代行サービスでは、応募データの蓄積により随時、改善・改良を繰り返すPDCAサイクルを回すことができます。属性データが蓄積されていくことによって、適切な求人広告・採用LPに改良も可能です。トークスクリプトなども随時改良ができるので、より優秀な人材からの応募を集めることにも繋がります。

(3-7)採用単価を抑えることができる

 応募受付代行サービスを導入することで、一人あたりの採用単価を抑えることに繋がります。アウトソーシング=コストがかかるというイメージが強いと思いますが、時間・労力などを考慮すれば、実は完全にお得です。応募受付代行サービスを利用すれば、自社で応募者の管理を行うためのソフトを導入する手間やコストも省けますし、一次対応の雑務によって生産効率も下がりません。より多くの動員母数から面接を行えるので、採用する人材の質も向上させることができます。

(4)弊社にご相談ください!

 世界規模で高齢化社会が進行し、労働人口が減少している現代だからこそ、応募受付代行を活用して優秀な人材を確保しましょう。弊社では、専用コールセンターを開設し、応募受付代行サービスをご提供しています。無料でお見積りを出させていただきますので、お気軽にご連絡くださいませ!

(5)おおよその費用感は・・・

 「1件」の応募受付から承っております。

 ・1~500件(月間) 500円(税別)/1応募

 ※月間500件以上の対応は、さらにお得な個別での御見積となります
 ※合否連絡、内定書類の送付などのカスタマイズもご相談ください

今日の執筆:代表 山根

「私の地元、鳥取県といえば鳥取砂丘ですが、日本で一番大きな砂丘は青森県にある猿ヶ森砂丘らしいです。鳥取のアイデンティティ・・・。」

042-595-6813

受付時間 月曜日~土曜日 午前8:00~午後6:00

無料見積もりを依頼する